キレイになるスキンケア|新しいことにチャレンジしよう!

キレイになるためのスキンケア情報をご紹介しているサイトです。
MENU

あなたはどのくらい知っていますか?美白成分にまつわる成分特集!

 

美容に興味を持ち始める頃からスキンケアに使われる商品やサプリメントに含まれる成分についての知識が増えていくものです。

 

成分名がそのまま商品名になっているものもありますが、結果的に美白や美肌に結びついてもその過程でどんな働きをして、どんな効果をもたらすのか正しく理解して使っている方は少ないのではないでしょうか。

 

普段何気なく使っているものもどんな役割があるのか知っていただき、これからのお肌のケアの参考にしていただければと思います。

 

<ビタミンC誘導体>

美白にかかせない成分としてビタミンCがあげられます。シミが出来る仕組みは、チロシンというアミノ酸にチロシナーゼという酸化酵素の働きが加わりドーパがドーパキノンとなりやがてメラニンになります。

 

ビタミンCはドーパキノンを前段階のドーパに戻す機能やチロシナーゼの活性を阻害する効果があります。またメラニンを淡色化する還元作用もあり今や多くの商品にビタミンCが使われています。

 

しかしビタミンCには欠点もあり、安定性が低く、空気にふれると酸化してしまうという点や、水に溶かすと活性を失っていまうということです。化粧水などで肌につけても皮膚に阻まれて浸透しにくい点から十分に効果を発揮できませんでした。

 

そのような欠点を改良したのがビタミンC誘導体です。肌への透過を良くし、吸収されてから酵素反応によりビタミンCに変化、さらに長時間活性を保つ事ができます。

 

<L-システイン>

L-システインとは私たちの髪や皮膚にふくまれるアミノ酸の一種で、シミの原因となるチロシンの生成や酸化酵素であるチロシナーゼの活性を抑制します。また新陳代謝を促進し、メラニンの排出を助けてくれます。

 

ビタミンCと一緒に摂取するとより効果的です。よく似たものにL-シスチンがありますが、こちらはL-システインが2分子結合したもので還元されるとL-システインになります。

 

<ハイドロキノン>

“肌の漂白剤”と呼ばれており、強力な美白作用があります。その美白効果はコウジ酸やアルブチンの10〜100倍といわれており、欧米ではハイドロキノンが主流となっています。

 

ビタミン類などサプリメントや食物から摂取するのではなく外用薬として使用しますが、ハイドロキノンはメラニンがつくられる細胞であるメラノサイトの活性をおさえ、メラニンを合成するチロシナーゼの働きをブロックします。

 

また、最大の特徴がすでに出来てしまったシミにも効果的だという事です。強力な作用には副作用を伴う場合もあり、白斑やかぶれ、ヒリヒリするといった症状があるようです。また、酸化しやすく配合濃度も1〜4%と様々なので、病院で医師の指示のもと正しく使用することが望まれます。

 

<アルブチン>

アルブチンはハイドロキノンにブドウ糖が結びついたもので、梨やマッシュルームなどにも含まれている成分です。メラニンをつくるチロシナーゼの働きを抑え、黒色化を防ぎます。

 

ハイドロキノンとは違い、すでに出来てしまったシミの漂白というよりも、予防効果の方が高いといえます。効果はハイドロキノン程ではないものの、刺激が少なく安定しており使いやすさでいうとアルブチンの方が勝っています。

 

ビタミンCとの併用で相乗効果が期待できます。アルブチンにはα-アルブチンとβ-アルブチンの2種類あり、α-アルブチンの方が肌との相性が良くβ-アルブチンよりも約10倍美白効果があることが研究により明らかになっており、そういう理由から一般にスキンケア商品に含まれるアルブチンはα-アルブチンの方が多いといわれています。

 

まとめ

美白といっても美白イコール肌を白くする成分というわけではなく、あくまで予防や将来性を見据えて使っていくようなものが多いという事が分かります。

 

肌への作用も様々なので商品を売るための謳い文句に惑わされず、有効成分をよく理解したうえで自分に合ったスキンケアを見つけていただくことをおススメします。

 

参考サイト:大人ニキビに負けルナ?原因・治し方など徹底解説?

更新履歴
このページの先頭へ